2019年04月03日

相続税の税務調査!

もしも相続税の税務調査が来たらあなたはどうしますか?

「相続税の税務調査なんて来るはずがない」と考える人もいるでしょう。

相続税のことを、税務調査のこと、学んでおきましょう。
続きを読む


posted by 相続 at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

税金の相談窓口

各税務署では、税金についての相談窓口が設けられています。

最初は自動音声による案内があります。

管轄の税務署やお電話番号は以下の国税庁のホームページからご確認ください。


税についての相談窓口続きを読む
posted by 相続 at 08:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

アメリカの相続税

アメリカでは相続税は遺産税 Estate Tax(en:Estate tax in the United States)とよばれる。相続税が、相続財産を法定相続人に分け、その後で税金を払うのに対し、遺産税は、相続財産から税金を差し引き、残りを相続人で分ける。 よって、相続税は相続人の数によって控除額が変わるが、遺産税は人数に関係なく一定となる[17]。
年度 控除額 最高税率[18]
2001 $675,000 55%
2002 $100万 50%
2003 $100万 49%
2004 $150万 48%
2005 $150万 47%
2006 $200万 46%
2007 $200万 45%
2008 $200万 45%
2009 $350万 45%
2010 ※相続税廃止 35%
2011 $500万 35%

連邦遺産税の非課税枠(基礎控除)は、2002年には100万ドル、2004年には150万ドル、2006年には200万ドル、2009年には350万ドルと段階的に増額していった。ただし、この非課税遺産枠を十全に利用できるのは、被相続人がアメリカ市民または居住外国人である場合に限る。被相続人が非居住外国人の場合は、6万ドルの非課税遺産枠が適用される[19]。ただし在米資産を持つ日本人の場合は、日米間の贈与税・相続税に関する租税条約により、アメリカ市民および居住者の非課税枠を適用される
posted by 相続 at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。